Traditional Recommended Spot 伝統的おすすめスポット
  1. 赤坂陽光ホテルトップページ
  2. オススメスポット
  3. 伝統的おすすめスポット

伝統的おすすめスポットTraditional Recommended Spot

TRADITIONAL RECOMMENDED SPOT

国立新美術館

国立新美術館

国立新美術館開館10周年
「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」
会期 2018年2月14日(水) ~ 5月7日(月)
毎週火曜日休館(ただし5月1日(火)は除く)
開館時間10:00~18:00
※毎週金曜日、土曜日、4月28日(土)~5月6日(日)は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
入館料(税込):1,600円(一般)

スイスの大実業家エミール・ゲオルク・ビュールレ(1890-1956年)は、絵画収集のコレクターとして知られており、中でも印象派・ポスト印象派の作品は傑作中の傑作が揃っております。
本展では、近代美術の精華といえる作品約60点を展示し、その半数は日本初公開です。
絵画史上、最も有名な少女像ともいわれる《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢》、スイス国外に初めて貸し出されることになった4メートルを超えるモネ晩年の睡蓮の大作など、幻のコレクションの魅力のすべてを、多くの方々にご堪能いただきたいと思います。

赤坂氷川神社

赤坂氷川神社

村上天皇の御代、蓮林僧正が霊夢を感得し、現在の赤坂4丁目に祀ったと伝えられる。治暦2年(1066)、関東地方に大干ばつが発生した際、霊験あらたかであったことから、「氷川明神」として地域の住民に篤く崇められたという。
享保15年(1730)、徳川吉宗により現社地に遷座。将軍直々の参拝があった。
現在の社殿はこの時造営されたもので、都の有形文化財に指定されている。明治元年(1868)、准勅祭社に列せられる。

赤坂陽光ホテルより徒歩5分

豊川稲荷

豊川稲荷

寒厳禅師(1217~1300)伝来の、豊川叱枳尼真天を祭祀する。
8代将軍徳川吉宗に登用された現・愛知県岡崎の領主で寺社奉行の大岡越前守忠相が、文政11年(1828)今川義元・織田信長・豊臣秀吉・徳川家康尊崇の妙厳寺(現豊川市)の山門鎮守として祀られていた茶枳尼真天(稲荷神蒼稲魂命の本地)の分霊を赤坂一ツ木の下屋敷内に勧請し、明治20年(1887)現在地に移転したといわれている。

赤坂陽光ホテルより徒歩15分

乃木神社

乃木神社

大正元年(1912)9月13日、乃木夫妻は明治天皇の崩御に殉じて自刃。これは当時の多くの人々に衝撃と感動を与えた。
同2年、東京市長の阪谷芳郎は乃木将軍を敬慕する同感の人々に諮って中央乃木会を設立。同8年に神社の創立を申請、許可された。明治神宮の鎮座を期し、乃木邸の隣地に造営を開始。同12年(1923)11月1日に鎮座祭を執り行った。

赤坂陽光ホテルより徒歩10分

明治神宮

明治神宮

赤坂陽光ホテルより約20分(南参道)

浅草

浅草

赤坂陽光ホテルより約40分

秋葉原

秋葉原

赤坂陽光ホテルより約35分

上野・アメ横

上野・アメ横

赤坂陽光ホテルより約40分

築地市場

築地市場

赤坂陽光ホテルより約20分

両国国技館

両国国技館

赤坂陽光ホテルより約40分

国会議事堂

国会議事堂

赤坂陽光ホテルより約10分

代々木体育館

代々木体育館

赤坂陽光ホテルより約20分

東京体育館

東京体育館

赤坂陽光ホテルより約20分

駒沢競技場・体育館

駒沢競技場・体育館

赤坂陽光ホテルより約30分

東京ドーム

東京ドーム

赤坂陽光ホテルより約30分